エログ作ってアダルトアフィリエイトで儲けようとしたけど失敗した


最近ブログにもちょっと慣れてきたんで、独自ドメインを取得したんです。

そしたらGoogle神の9月のアップデート?と重なって、みるみるうちにPVが下がっていったんですよ!

独自ドメインに移行したら最初はアクセス下がるって聞いてたんで、あぁこんな感じかぁと思って余裕ぶっこいてたら、1ヶ月後には全盛期の5分の1くらいになっちゃったんです。

流石にこれはヤバイ!と焦り始めて、PVが復活しなかった時のために新しく別のブログを作ろうと思ったんですよ。

どうせやるならアドセンスが貼れないジャンルのブログにしようと思って、アダルトジャンルに手を出してみたんです。

エログ

ターゲットは30代〜40代くらいの男性で、たまにムフフな画像とか動画とか織り交ぜつつ、出会い系の経験談をベースにネットとか雑誌とかで情報を集めて記事を書けば良いかなぁと考えてました。

いわゆる『エログ』というジャンルです。

自分は毎月通信制限がかかるまでエロ画像や動画を検索してしまうタイプの人間なんで、そっち系の話題には詳しいつもりでした。

むしろ毎日の日課を記事に活かせるなら、一石二鳥の名案だ!と思ってました。

でもすぐに壁にブチ当たってしまったんです。

コンプライアンスの壁

アダルト向けのフリー素材が全然ないんですよ。

ASPが提供しているやつだと他のブログと丸被りで、全然面白くないんです。

だからといって、掲示板とか動画サイトに転がってるヤツを勝手に転載したら、もちろんダメじゃないですか。

海外の動画サイトから良さげな動画探してリンクとか貼れば良いかと軽く考えてたんですけど、冷静に考えたらコンプラ的に駄目ですよね?

おそらく海外サイトの動画って、ほとんどが違法アップロードされた動画ですよ。

それブログに貼ったら最悪タイーホじゃないですか。

サラリーマンの副業としては、ちょっとリスクが高過ぎます。

そもそも出会い系を利用したことがない

出会い系の経験談は『ねつ造』しよう( ͡° ͜ʖ ͡°)
と思ってたんです。

出会い系サイトを利用している人のツイートとか爆サイの書き込みを参考にして、妄想で記事を書こうかなぁと。

でも出会い系サイトなんて、一般人はもう誰も利用してないんですよね。

現在登録されている女性ユーザーはほぼメールレディかサクラで、掲示板は援交オヤジを狙ったセミプロたちの狩場になっているようです。

最近のネットの出会いについても結構調べたんですけど、若者はSNS中心にネトナンオフパコ、おじさん達はPairsというアプリでパパ活なるものをやっているみたいです。

私の知識ではもうちんぷんかんぷん。

浅はかでした。

FC2という深淵

アダルトジャンルのブログサービスといえばFC2です。僕もFC2のアカウントを作りました。

FC2にはジャンル別のランキングというのがあって、他のユーザーの記事を見ることができるんです。

とりあえずは敵前視察をと思って、アダルトジャンルの中の『日記』カテゴリで上位表示されている人達のブログを覗いてみたんですけどね、そこは宇宙でした。

  • 自分のお尻の穴に大根を突っ込んだ写真をアップしてる人(おそらく男性)
  • SNSで童貞の若者を喰い荒らしている熟女
  • セーラームーンの格好をしたおじさん同士のチョメチョメ

うーん、

変態しかいない。

ニーチェ大先輩の名言を思い出し、そっ閉じしました。

時間の無駄でした

それでも2ヶ月くらい頑張って続けてみたんですけどね、

  • 執筆する場所が家に限定される(公序良俗を守る為)
  • 奥さんに怪しまれる
  • 嘘だらけの妄想日記なんて誰も見にこない
  • そもそもアダルトにすらなってない
  • もちろん収益は皆無
これは向いてないな、と思いました。

【結論】
このブログを信じて、コツコツ育てていきます。

以上


<スポンサーリンク>


1 件のコメント :

  1. We build clever devices, information analytics, purposes and services to allow healthcare practitioners to ship care more efficiently and with better outcomes. 3D printing removes most of the constraints imposed by conventional manufacturing processes that stop engineers from actually designing for optimal performance. Point of care 3D printing is established inside Synopsys via Simpleware ScanIP Medical software program, an FDA 510-cleared and CE-marked product. Synopsys has also lately partnered with Stratasys to assist widen awareness and uptake of 3D printing in healthcare settings. 3D printing might change the game for relatively small manufacturing jobs, producing fewer than 10,000 equivalent items, end result of|as a outcome of} it will mean that the objects presumably be} King Size Heated Blankets made without the need for a mold costing upwards of $10,000. But the most acquainted form of 3D printing, which is type of like constructing 3D objects with a collection of 1D strains, hasn’t been able to to} fill that gap on typical manufacturing timescales of a week or two.

    返信削除